2013東京モーターショー注目の海外展示車

今年も東京ビックサイトで開催されているモーターショーで注目の海外展示車をピックアップしました!!

【フォルクスワーゲンXL1】
フォルクスワーゲン X1L_R

燃料わずか0.9ℓで100㎞の走行を可能にする2シーターPHEV
カーボンファイバー強化樹脂の軽量ボディでEVモードで50㎞で最高速度は160㎞

【メルセデスベンツ】
メルセデスベンツ_R

今年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアしたコンセプトモデル
モダンラグジュアリーを極めたクーペを日本初公開

【アウディ】
アウディー_R

Audi S3 Sedan A3スポーツバックより135㎜長く、15㎜広いサイズ
日本の道路事情にもジャストにしたエレガントなサルーンを日本発出品

【ジャガー】
ジャガー_R

2013年カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたFタイプのクーペモデルが登場
ボディーはオールアルミニウム製となる

【ランドローバー】
ランドローバー_R

ランドローバー初となるハイブリッドモデルが追加されたスポーツモデル
最高出力292psの3ℓV6ディーゼルとモーターの組み合わせだ!

【テスラモーターズ】
テスラモーターズ_R

剛性の高いボディ構造とほぼ50:50の重量配分
セダンに不可欠な上質な乗り心地と世界最高のスポーツカーと同等の応対性と敏捷性を両立

【ラディカル】
ラディカル_R

人気だったSR3を公道走行可能にした最新モデル
フォード製のエコブースト2ℓ240psガソリンエンジンターボと6速シーケンシャルドッグで武装した市販スポーツ

【BMW】
BMW_R

BMW初の量産型EVスポーツカー
高性能スポーツカーに匹敵する運動性能とコンパクトカー並みの燃費を兼ね備えている

【MINI】
MINI_R

新型ミニが東京モーターショーでワールドプレミア
リファンされてより可愛くなって新登場

【ポルシェ】
ポルシェ_R

世界初のマカンはポルシェ初のコンパクトSUV
ターボはV6 3.6ℓで400psを発揮し最高速度は266㎞
インテリアはどこまでも上質だ

【ボルボ】
ボルボ_R

新世代ボルボのデザインの可能性を提示
スーパーチャージャーとターボを備えた4気筒2ℓエンジンのハイブリット

【プジョー】
プジョー_R

来春発売予定のコンパクトなアーバンクロスオーバーで俊敏な走りと様々な用途に応える
機能性を十分な広さを確保したインテリアは最新デザイン

【アルピナ】
アルピナ_R

直径3.0ℓ直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載
最高出力350psで最大トルク71.4kgmとアルピナ独自のチューニングは強烈

【シトロエン】
シトロエン_R

新開発プラットフォームをいち早く採用
多目的性とキャビンスペースを高次元でバランスさせたコンセプトモデル
日本導入は2014年秋を予定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ