2.0Lや1.8L、1.6Lなどエンジンの違いをまとめてみました

車を買う時に出てくるエンジンの大きさや排気量の違い、これって結構車の価格にも直結するけど何がどう違うのかをまとめてみました。

エンジンの排気量が1.5Lよりも2.5Lのように上がると、パワーが上がるので上り坂や高速などでの加速が楽になります。

ただ、排気量が小さくても車の重量が軽ければ楽に加速してくれます。

そのため車を購入する際に、3人以上よりも2人、1人で乗る時が圧倒的に多い場合は、排気量が小さくても加速や乗り心地に大きな影響はありません。

排気量が大きいとそれだけガソリンを多く使うので、加速が良くても燃費が落ちると言う傾向にあります。

最近は、ダウンサイジングエンジンといって、低排気量の低燃費エンジンにターボを付けて、加速やパワーを上げている車もあります。

この場合ターボの分価格が上がる傾向にあります。

エンジンの排気量と価格の差で迷ったら試乗する際に、2つの車で乗り比べてみるのが一番です。

よく使うシーンや、今乗っている車との比較で少ない排気量の車で充分という事であれば、低い排気量のものを選び、加速を重視したい場合は排気量の多いグレードを選択するというのも良いと思います。

排気量によって自動車税も変わります

2013年12月現在の排気量別の自動車税です。

車種 排気量 自家用 営業用
乗用車 1リットル以下 29,500円 7,500円
1リットル超~1.5リットル以下 34,500円 8,500円
1.5リットル超~2リットル以下 39,500円 9,500円
2リットル超~2.5リットル以下 45,000円 13,800円
2.5リットル超~3リットル以下 51,000円 15,700円
3リットル超~3.5リットル以下 58,000円 17,900円
3.5リットル超~4リットル以下 66,500円 20,500円
4リットル超~4.5リットル以下 76,500円 23,600円
4.5リットル超~6リットル以下 88,000円 27,200円
6リットル超 111,000円 40,700円
軽自動車 5ナンバー 7,200円 5,500円
4ナンバー 4,000円 3,000円

車購入の際は排気量の違いでの購入価格の差と、毎年4月にかかる自動車税の金額を確認の上、購入する車のグレードや車種を選んでみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ