電気自動車の走行性能などスペックを比較してみた

今、日本で売れてる電気自動車としては
日産のリーフを筆頭に三菱のi miev、
そしてベンツのスマートフォーツーエレクトリックドライブがあります。
 
そこに来年BMWがi3で殴り込みを欠ける感じですね。
 
 
そこで、今回それら電気自動車がどれくらいの走行性能なのか。
そのスペック等を比較してみました。
 
なお、電気自動車にはこちらの記事でも書いたテスラも出していますが、
形と価格があまりに違うので今回は外しています。
 
 
それでは早速比較表を御覧ください。
 
 
<人気の電気自動車スペック比較>
 

  I-MIEV M リーフ S スマートフォーツーエレクトリックドライブ BMW i3
  imiev rief smartfortwo2 bmwi32
航続距離 120キロ 228キロ 181キロ 130~160キロ
総電力量 10.5kw 24kw 17.6kw 19kw
燃費効率(km/kw) 11.42 9.5 10.28 7.63
充電時間(200V 15A) 約4.5時間 8時間 8時間 8時間
定員 4名 5名 2名 4名
加速(1-100km) 約9秒 11.5秒 11.5秒 7.2秒
価格 245万9100円 298万9350円 295万 499万



 
今回は各ブランドの中でも一番安いグレードで比較しました。
これを見ると航続距離ではリーフがずば抜けていますね。
 
ただ、BMW i3には以前こちらでもお伝えしたとおり
最大300キロまでモデルによっては航続距離が伸びるので、
それを入れるとまた違った結果になります。
 
ただ、値段はその分かなり高くなりますが^^;
 
 
さて、燃費効率を見ると、結構外車も検討していますね。
ただ、一番はi mievですね。リーフと同じくらいの定員数なのに、
リーフと比べるとだいぶ燃費効率はいいです。
 
逆に加速性能がずば抜けて良い分、BMW i3はちょっと悪くなっています。
ただ、i-mievは元の総電力量が少ないので、こまめな充電は必要ですね。
 
充電時間もi-mievが2,3歩リードしています。
他は横並びという感じですね。
 
 
さて、これら電気自動車をまとめてみると、
 
・電気自動車でも加速性能は外せない人はBMW i3
・とにかくお手頃な価格で電気自動車をという人はi-miev
・家族でも乗れる電気自動車をという人はリーフ
・安く買者の電気自動車をという人はフォーツー
 
という評価になるのかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ