BMWの電気自動車i3の航続距離と価格を調べてみた

bmwi3

BMWの最新の電気自動車i3が2014年4月に発売されます。
ついにBMWにも本格的な電気自動車が参戦ですね。

ベンツも電気自動車のスマートEVを出しているので、
BMWもまけれたれないってところですね。

で、やはり電気自動車となると一体どれくらいの航続距離があるのか。
それが一番気になるポイントですよね。

ちなみに電気自動車で現在一番人気があるといわれている
日産のリーフは約220キロの航続距離があります。

充電にかかる時間は約8時間。

では、このBMW i3はどうなのか。

<BMW i3の航続距離と充電時間>

・航続距離:130キロ〜160キロ
・充電時間:7〜8時間

ほぼ同じ充電時間ですがリーフと若干航続距離の差がありますね。
これを考えるとBMW i3は現状のトップクラスの電気自動車と比べると、
残念ながらあまり効率が良くないようにも見えます。

しかし、BMW i3にはこの航続距離を最大200キロまで延ばす、
「ECO PRO」モードと「ECO PRO+」モードが有ります。

このモードを入れると最高速度の制限や、エアコンの制限を
自動で行い、消費電力を減らすことで航続距離を伸ばすモードです。

さて、それでも最大200キロ。
ただ、まだちょっとリーフには及ばないですよね。

ですが、BMW i3には隠し球があります。
それがレンジエクステンダーエンジンという
発電専用のエンジンを搭載したモデルです。

これによりBMW i3の航続距離は
なんと最大300キロにまで伸ばすことができます。

これはリーフも圧倒的に上回る距離ですよね。
東京から名古屋くらいまでいけるレベルです。

で、このBMW i3なんですが、
そのエンジン搭載なしのモデルは406万円から。
そして、エンジン搭載のモデルは445万円からになるみたいですね。

リーフと比べると100万円以上の差がありますが、
BMWということと、最大航続距離300キロという燃費を考えると、
そこまでめちゃくちゃな値段ではないと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ