ベンツのCクラスとBMWの3シリーズを比較してみた

さて、前々から気になっていたベンツとBMW。
ともにドイツが誇る車メーカーであり、ライバル会社でもありますよね。

 

実際によくこの2つが比較されるのですが、
見た目以外で細かい部分ってどう違うのか正直そこまでわからなかったので、
今回BMWの3シリーズとベンツのCクラスを比較してみました。

 

 

具体的にどんな違いがあるのか。こちらをご覧ください。

 

C180 アバンギャルド BMW 320i(AT)
車両価格 459万 459万
エンジン DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付 DOHC 直列4気筒
総排気量 1795CC 1997CC
最大トルク(N・m/rpm(EEC)) 250/1,600~4,200 270/1,250~4,500
車両重量(kg) 1430 1775
燃料消費率 JC 08モード走行(国土交通省審査値)(km/リットル) 15.9 16.6
全長×全幅×全高(mm) 4,640×1,770×1,445 4,625×1,800×1,440
最小回転半径 5.1 5.4


違いを明確にするために、あえて金額は同じものを選びました。
車のサイズとしては殆ど変わらないです。

 

また、排気量が同じ価格帯だとBMWの方が高いものがてにはいりますね。
ただ、足回りは同じくらいのサイズのわりにはBMWの方がやや高いので
足回りの良さはベンツのCクラスに軍配が上がると思います。

 

同じ値段なのにベンツのほうが排気量が少ないというのは
やはりベンツのほうがBMWより日本では少し上のブランドと
考える人が多いのでこの値段でも売れると考えているからかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ