AudiのPHV、スポーツ クワトロ レーザーライトがまぶしすぎる件【動画】

年明け早々Audiが新しいPHVカーをラスベガスで発表するみたいですね。
それがこちら。

audisportsquattoro

スポーツ クワトロ レーザーライトというものです。
まだ発表段階ではコンセプトカーとしてのものなので、
発売はまだ先ですが、年内にも発売が開始されるみたいです。

このスポーツ クワトロ レーザーライトのポイントは
まずはAudiもついに参入し始めたPHV車ってことですね。

既にモーターショーでA3スポーツバックe-tronという
Audi初のPHV車が公開されましたが、
今回のスポーツ クワトロ レーザーライトはそれに続くモデルとなります。

0−100kmの加速が3.7秒、最高速305キロという
ガチガチのスポーツカーなのに燃費が40km/hという高燃費も
やはりPHV車だからこそ出来るスペックですよね。

ただ、このスポーツ クワトロ レーザーライトの一番の特徴は
やはり名前にも入っている「レーザーライト」という
新しいヘッドランプの技術だと思います。

発表によるとこのレーザーライトのお陰で
なんと500m先も明るくてらしてくれるみたいです。

実際どんなものか。
既にレーザーライトが搭載された車で調べてみました。

こちらです。

こちらはレース用の車ですが、レーザーライトが搭載されています。
このスポーツ クワトロ レーザーライトもこれくらいの明るさがあるってことですよね。

動画で見ただけでもかなり光が強いのがわかると思います。

ただ、一つだけ気になるのはあまりに光が強すぎて
前の車が怒ってしまうんじゃないかってことですよねw

日本ではなんでもない場所でハイビームにしているだけで
クレームつけてくる人とか結構いますからねw

まあ、乗ってる車がこの経とかじゃなく、
Audiなんで早々喧嘩売りに来る人はいないと思いますが^^;

そこら辺どれくらい調整できるのかがちょっときになりますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ