左ハンドルの外車を右ハンドルにしたら査定価格はどうなる?

外車というとアメ車やベンツ、BMWといったヨーロッパのメーカーの左ハンドルの車が浮かびますよね。
本来、外車=左ハンドルで乗る人がほとんどなんですが、
最近は割りと左ハンドルのものを右ハンドルにして納車して貰う人も多いみたいです。

私もたまに右ハンドルになってるBMWとかみたりします。
ただ、この左ハンドルを右ハンドルに変えるのって、
査定価格を考えると実はあんまり良くないって意見が多いんですよね。

私も気になっていろいろ調べたり、
ヤナセのディーラーさんに話を聞いたことがあるんですが、
左ハンドルを右ハンドルに変えた外車は査定価格が大幅に下がることが多いみたいです。

その理由としては、右ハンドルにしてしまうと、
日本以外でさばくのが難しくなるからです。
例えば、ベンツのEシリーズは日本でもかなり人気のベンツのグレードですが、
海外でも同じように人気のシリーズなんですよね。

そうすると、下取りに出されたEシリーズが左ハンドルのままなら、
日本で売れなかった場合は、ヨーロッパやアメリカに輸出することができます。

価格もそれほど値下げする必要はありません。
ですが、右ハンドルにしてしまうと、右ハンドルのベンツなんて、
ヨーロッパやアメリカでは誰も買わないです。

なので、どうしても日本で売るしか無いってことで、
価格をどんどん下げることになってしまいます。

なので、右ハンドルの外車を下取りする時は、
こういったことも考えてかなり安く査定価格がだすみたいです。
このように本来左ハンドルのものを右ハンドルにすることは、
車の査定価格に大きな影響が出る可能性が高いので注意が必要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ