円安で輸入車の価格は上がる?

最近たまに気になるのが輸入車って急激な円安や円高が進んだら、
輸入車の価格も上がったり下がったりするのかなってことです。
昨年自民党が与党になってから急激な円安になってますよね。

特にユーロで見ると今年初めは110円台だったのが、
今はもう140円に届くかという勢いです。

約20%強の値上がりですよね。

 

 

なのでBMWやベンツと言った輸入車が為替レートが大きく変わってるので、
やっぱり今後値上がりしてくるのかなと思った人もいると思います。

 

 

そこで、車の価格ってどうやって決めているのか調べてみました。
調べてわかったのは単純にレートだけで考えてるのではなく、
いろいろな要素を考慮して数年単位で価格を決めているみたいです。

 

 

ですので、確かにユーロ自体は20%強の値上がりで、
輸入コストが上がっているので値上げされそうですが、
仮にそれをやると今度逆に円高になった場合、
大幅に値下げする必要が出てきます。

 

 

なので、単純にレートの上げ下げだけで値上げしたり
値下げしたりはしないみたいなんですよね。
ですので、輸入車の価格に為替の変動をすぐに反映するわけではないので、
ユーロがこれだけ上がったから値上げというわけではなさそうですね。

 

 

とはいえ、見直されないわけではないので、
これから輸入車を買おうという人は各メーカーの発表は注目しておきたいですね。

おそらく大手の輸入車メーカーは事前に発表すると思いますし。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ