コンパクトカーの概念を覆すA45 AMGの魅力に迫る

a45amggaikan

 

ベンツのAクラスはコンパクトカーの代表なのですが、
コンパクトカーというと手軽で燃費がかなり良いけど、
あんまりパワーがなくて加速もそれほどというイメージが有ります。

 

ですが、このA45 AMGはその概念に当てはまらない
スポーツカー顔負けのスペックになっています。

 

外装自体は他のAクラスと同じような作りですが、
動力性能や内装がそれまでのコンパクトカーとは全く違います。

 

 

まずはインテリアを見てみましょう。

a45amgnaikan

 

シートは本皮を使用しています。
この時点で国産車のコンパクトカーのシートと比べると
かなり高級感ありますよね。
シートも沈み込むような感じになっていて、
長距離でも疲れにくい運転が可能になっています。

他にもAMG E-SELECTレバーやAMGメーターパネルがあることで、
コンパクトカーらしくないスポーツさがでています。

 

 

次にエクステリアをみてみましょう。

amg45taiya

A 45 AMGの特徴でもあることホイールですね。
このスケルトンになっているアルミホイールが
スポーツカーっぽくてかっこいいですね。

 

 

そして、このA 45 AMGが一番コンパクトカーらしくないと思った部分が、
やはり動力性能だと思います。

 

まず、エンジンは「2.0リッターDOHC直列4気筒直噴ターボエンジン」という
量産4気筒ターボエンジンの中では世界一パワフルなエンジンです。

 

最高出力360PS、最大トルク450Nmという
この小型の車では考えられないパワーを持っています。

そのため、加速も1−100kmまで4.6秒という
スポーツカー並みの加速力を持っています。

 

 

ちなみにトヨタのスポーツカーである新型86が6秒台ということを考えると、
かなりの加速力ですよね。コンパクトカーでは考えられないです。

 

また、回転半径も他のAクラスと同様5.1と同じなので、
コンパクトカー並みの小回りの効くスポーツカーというのが
このA45 AMGの走りを表すのにぴったりではないでしょうか。

 

燃費に関してはやはりAクラスの中では最低の13.1Km/Lとなっていて、
これは国産コンパクトカーの代表格ヴィッツと比べると
8キロ以上の差があるので燃費はあまりよろしくないかもしれません。

 

 

ただ、AMG史上最安の640万という乗り出し価格なので、
AMGの最新のテクノロジーを手頃な価格で味わってみたいという方には
このA45 AMGが最適ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ