正規ディーラの裏話!ステップワゴンスパーダを限界値引き額からさらに値引き交渉する2つの手段とポイント

ステップワゴンスパーダの値引き交渉のポイントをディーラーの友人に聞いてみました。

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダは家族で乗る目的の人が多く、値引き交渉もシビアになってくる事もしばしばあるそうです。

新型ステップワゴンスパーダのSグレードで販売価格249.8万円から限界まで値引きで35〜40万円前後が値引きの相場だそうです。

ディーラの友人曰く、この価格からさらに値引きを考える場合、2つの手段があるそうです。

一つ目は今乗っている車をディーラーの下取りに出す

この方法は最も一般的で、限界までステップワゴンスパーダを値引いてからでも乗っている車種・年式によっては50万円以上の値引きが期待できるそうです。

ただ、ディーラーの友人が言うには、この方法はおすすめできないとの事。

実はディーラーは、中古車買い取りの仲介もやっているそうで、中古車買い取りの市場相場よりも安い値段で下取り買取をし、車両価格から値引きをするというシステムになっているそうです。

本当のおすすめは中古車買い取り

フィットハイブリッドスマートセレクション(平成22年(2010年)式)に乗っていてディーラ下取りに出した場合、下取りの金額は65.5万円 ~ 75.5万円です。

しかし、中古車買取の見積もりを数社取ってみると、95.1〜110万円という買い取り価格が提示されました。

ディーラの友人も「ディーラーの下取りは最終手段で、まずは同じホンダのディーラーのお店でも数店回って値引き交渉、下取りするかもなぁと匂わせながら35万円くらいまで値引きの交渉ができたら中古車査定を一括見積もりなどで請求してみると損はしないよ」と話してくれました。

1社だけ中古車査定を申込むよりも、一括査定に登録している会社の方が競争してくれるので買取金額が高くなる傾向にあるそうです。

ステップワゴンスパーダもそのディーラーによって試乗できるグレードやカラーも違う場合があるので、値引き交渉しながら色々と試乗してみるのもステップワゴンスパーダを買う上で失敗が少なくなると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ