フルモデルチェンジしたパッソ、気になる価格は?

1038008
街乗りコンパクトカーの代表ともいえるパッソが6年ぶりにモデルチェンジしました。ダイハツが開発の100%である新型パッソはドレスアップ用オプションも豊富でいろんな人にも勧められる車に進化したと評判です。
それではそんなパッソの価格はいくらで設定されているのかに注目して調べていきたいと思います。
 

パッソとはどのような車?

パッソはトヨタから販売されているハッチバック型コンパクトカーです。初代のパッソはトヨタ最小がキャッチフレーズだったのですが、そのサイズは3代目となっている今でもサイズにほとんど変わりがなくとにかく小さいサイズにこだわりを以て作られている車です。
 
初代と2代目は「プチトマト」というフレーズを用いた特徴的なCMをしておりパッソを覚えていなくてもこのCMを覚えている人も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
 
3代目パッソのCMでおなじみの「軽じゃないK」という言葉がありますが、サイズが小さいこの車は軽自動車ではなく普通乗用車であります。もう一度言いますが軽自動車ではないですよ!
ただサイズが小さいということは重量も軽いということに繋がり、燃費性能が良くなりやすくなる傾向にあるのですがこの新型パッソは28km/Lという驚異的な数字を出しております。
 
軽自動車やコンパクトカーの設計・生産が十八番であるダイハツと共同開発されているパッソには双子車であるダイハツブーンという車も存在します。
初代と2代目はとにかく女性ユーザーを取り込むことを意識した車であったのですが、今回の新型パッソははたしてどうなっているのか、気になりますよね!
それではここから新型パッソの価格をグレードごとにどうなっているのかを見ていきましょう!

新型フィットのガソリンタイプのグレードと価格は?

トヨタの最小コンパクトカー「パッソ(PASSO)」は非常にラインアップが豊富です。一気にきさいしますと「X」、「X S」、「X Lパッケージ」、「X Lパッケージ・S」、「X Gパッケージ」、「モーダ」、「モーダS」、「モーダGパッケージ」あります。それぞれに駆動方式にFFと4WDがあります。価格をもう少し詳しく書くと…
 

グレード 価格 駆動方式 燃費(JC08モード)
X 1,150,200円 FF 28.0km/L
X 1,323,000円 フルタイム4WD 24.4km/L
XS 1,215,000円 FF 28.0km/L
XS 1,387,800円 フルタイム4WD 24.4km/L
XLパッケージ 1,252,800円 FF 28.0km/L
XLパッケージ 1,425,600円 フルタイム4WD 24.4km/L
XLパッケージS 1,317,600円 FF 28.0km/L
XLパッケージS 1,490,400円 フルタイム4WD 24.4km/L
XGパッケージ 1,447,200円 FF 28.0km/L
XGパッケージ 1,620,000円 フルタイム4WD 24.4km/L
モーダ 1,431,000円 FF 28.0km/L
モーダ 1,603,800円 フルタイム4WD 24.4km/L
モーダS 1,495,800円 FF 28.0km/L
モーダS 1,668,600円 フルタイム4WD 24.4km/L
モーダGパッケージ 1,657,800円 FF 28.0km/L
モーダGパッケージ 1,830,600円 フルタイム4WD 24.4km/L

 
上記のようになっております。簡単な表にしているだけですがそれでもグレードの豊富さが目立ちますね。
 
ここで気になるのはデザインが今までのかわいいから少しかわったことです。
2代目は丸みを帯びているいかにも女性よりなデザインであったのですが、今回はかっこいいという要素も入っていると筆者は思います。今回のパッソのコンセプトはカッコカワイイとなっておりそれをうけてのエクステリア変更だったのでしょう。
 
コンパクトカーの特徴は女性ユーザーの比率が高いことは有名ですし初代や2代目パッソもその流れに乗っていました。
これは男性の方もターゲットにいれたデザイン変更なのではとにらんでおります。これなら男性が乗ったとしてもなんか恥ずかしいと思うことは少ないと思います。

新型パッソの価格は高いか安いか?

パッソは燃費性能がハイブリッドではないのに28.0km/Lと驚異的な数字をだしております。その時点でもコストパフォーマンスが良好であると言えますが、現在は軽自動車の値段が高くなってきているためこの金額設定は妥当であると筆者は考えております。
 
実際に買われた方の価格に対する意識は少し不満からおおむね満足とバラバラでした。
これは軽自動車と比較している方は満足と記載している人が多いがMODAのような高級グレードの場合比較対象がその値段の他の車になってしまいひとつ上のグレードの車がいいと考える人が多かったからと捉えております。
 
抽出して評価を確認したところMODAに対する価格評価は辛目なものが多く、X Lパッケージ等のグレードは価格評価が満足なものが多かったです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
新型パッソが発売されてから3カ月ほどたっていろいろな評価が出てきております。
そしてこの車の価格の評価について気になる言葉としては「軽自動車が最近高いためパッソの価格は適正」というものが多いということです。
 
安全機能等の装備を標準なものとしているために軽自動車の価格が総じて上がっているのかもしれませんが、車を買われる方は価格の上昇をかなり気にしております。もしこのまま軽自動車の価格が上がり続けるなら、パッソ以外にも「軽自動車に代わる車」が登場するかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ