今が買い時!?低燃費と扱いやすいサイズが人気のアクアを安く買う!

carlineup_aqua_top_3_02_pc
発売直後は人気がありすぎて値引き交渉が全くできないとまで言われていたトヨタ アクア
まだまだ人気が高い車ではあるけども発売当初と比べれば値引き交渉をしやすい状況も整いつつあります。
今回はそんなアクアを適正価格からいくら値引きできるのか、値引きするのに必要な情報は何なのかを検証していきます。
 

驚異的な燃費性能のトヨタアクアは今値引きができる状況か?

最初に皆さんが気になる値引きができるかどうかを記載します。
今ならトヨタアクアは値引きできます!

 

発売当初の2011年や2012年は人気がありすぎてディーラーも基本強気な状態だったのですが、今はライバル車も登場しているため値引き交渉難易度が下がっております。
 
今の状態で引き出せる値引き額は車両本体が20万円、オプションを含めて25万円はいくと言われております。人によっては総額40万円もの値引きを行えたという例も存在します。
 
驚異の燃費性能をほこりプリウスよりもお求めやすい価格が魅力のアクア、では交渉のために必要な準備がどのようなものなのかを記載していきます。

アクア購入交渉の前の下準備 其の1・下取り車

下取り車がある場合、下準備として必ず自分の車の正確な価値を知ることから始めてください。
具体的に言うと最近話題のインターネットサイトにある車のかんたん査定を用いて愛車の下取り相場を知ることにあります。
 
値引き交渉に下取り車が絡んだ場合、「下取りで上乗せするので値引きはこれで容赦ください」と言われることがあります。この時に正確な相場がどうなっているかをわからないと相手の提示金額が適正であるか判断できないためです。
 
そのためまず損をしないために「ガリバー無料査定」や「かんたん査定ガイド」を用いて自分の車の価値を正確に知りましょう。
交渉の場において知識は武器です、なので武装は多いほうがいいのです!

アクア購入交渉の前の下準備 其の2・競合車を立てる

値引き交渉への知識武装その2は競合車をたてることです。
発売当時は有力な競合車がいませんでしたが、今はホンダフィットハイブリッドやマツダデミオという低燃費車が存在します。
 
ライバル車種の見積もりを前もってとっておき、自分はどの車にするか悩んでいるというそぶりを見せれば間違いなく交渉は有利になります。
さらに有効なのはライバル車がアクアよりも優れているところがどこかをしっかりと把握することです。例えば質感はデミオのほうが素晴らしいとか後部座席の広さはフィットハイブリットのほうが優れているなどです。
 
この知識をディーラーとの交渉中に自然と披露すれば「本当にこの人は悩んでおり、他の車に対する情報収集や試乗を行っている」と考えてくれます。自分が必死に悩んでいる姿を見せれば相手だって必死になります。
 
ここで絶対にしてはいけないことはアクアが本命であることを悟らせないことです、これをディーラーに気が付かれてしまう交渉難易度が上がってしまいます。「この人なんだかんだ言ってアクアが欲しいんだ」と思われてしまったら、いままで集めてきた情報や見積もりも相手からしたら気にしないものとして扱われてしまいます!
 
またアクアはトヨタ全店で扱っているため、トヨタ同士の競合も有効な手段となります。トヨタ同士の競合の最大の利点は、トヨタの人に会う機会が増えるためノルマ達成のために値引き交渉にも応じてくれるディーラーに合う可能性が高まるという点です。

トヨタアクア購入のための値引き交渉

下準備が完了したら値引きを含めた交渉に入ります。
本命の店での交渉であったとしても一回で終わらせないで回数を分けたほうがいいです。

1回目は試乗を行うことやグレードの違いがどういうものなのかの説明を受け、会話中に軽く「値引き交渉は応じてくれます?」と聞く程度に留めます。
2回目以降から本格的な交渉開始です。ここで必ずライバル車も検討していることとライバル車以外に他の販売店のアクアの見積もりもとっていることを伝えます。この2つを相手に提示するだけでも相当違います。
 
「他のトヨタ店ではこの金額だったけど安かったらここで買う」という旨を伝えるかにおわせるかをすれば自然と値段交渉が楽になるでしょう。
 
値引き交渉が成功し満足した価格を提示されたら一度話はそこで終わりにします。まだ交渉は終わってませんよ!
最後の最後にハンコを用いた交渉を行います。多少無理のある金額を言って妥協点を探らせるか、「予算が実はちょっと足りない」等を伝えることで頑張ってくれるディーラーならもう一仕事してくれます。
 
ここでさらなる値引きを手に入れたら交渉終了です、お疲れ様でした!
今回のこの記事がアクアの値引きにおいて少しでも有利になる情報となり、価格交渉がやりやすくなるよう祈っております!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ